ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。
小さい画像をクリック すると大きく表示されます。

 

6月28日(土) 常盤学舎だよりーその3 「収穫祭」で野菜のてんぷら

  最新ニュース6月3日号で、常盤学舎の寮生有志で作った畑の写真をご紹介しましたが(写真上)、 そのときに写っていたトマトがはやくも真っ赤になり、野菜も大きくなりました(写真中)。
  そこで増田忠彦舎監が「常盤学舎農協組合員」を6月21日(土)午後、舎監室に招いて「収穫祭」を開催。

  採れたての野菜を天ぷらに揚げ、非農協組合員も参加してヱビスビールで乾杯(写真下)。 思わぬご馳走に寮生は、「今度は西瓜を作って市場に売り出し、学費の足しにする。」と、 気勢をあげていました。この意気込みを故郷の親御さんが聞いたら、さぞかし喜ばれることでしょう。





 

6月28日(土) 常盤学舎だよりーその2 
           早朝野球春のリーグ戦で2位! やりました!史上初

 常盤学舎野球部が東久留米市の早朝野球リーグ春のリーグ戦で3勝1負で第2位。
 朝5時に起きて、舎監夫妻が作ってくれた朝食をたべ、自転車で野球場に行き、試合が終わってから学校へ。 若いとはいえ体力の消耗は大きい。そこをチームワークで乗り越えるが、勝てば嬉しいく、負ければがっかり。

  今年の寮生は、みんな元気で野球部出身者も増えたので、この快挙となりました。 常盤学舎は、正岡子規がいたころから野球が盛んで戦後、寮が復活してからも試合をしていました。

 みなさん。野球部を応援してください。。


△勝利にわく常盤学舎ベンチ


△バッターは常盤学舎野球部の強打者!
 

6月27日(金) 常盤学舎たより(その1)ー6月の寮生会

  公益財団法人常盤同郷会(本部地=松山市・秋山兄弟生誕地)が経営する男子学生寮「常盤学舎」(東京都東久留米市)では毎月恒例の「寮生会」が6月11日(水)、一階ロビーで全員が集まって開催されました(写真上)。

  まず、増田忠彦理事・舎監から、7月から始まる内装の大規模改修計画が具体的に発表され、意見や要望がだされ、改修工事に反映されることになりました。

  そのあと 寮生の講演会では、中村真志君(東響学芸大学)が「秩父の夜祭について」を発表し、昨年研修ピクニックで行った秩父地方の伝統文化について述べました。(写真下)。

  寮生は、舎監夫妻心ずくしの夜食で遅くまで歓談しました。


 

6月12日(木) 「坂の上の味生小学校」になる!

  秋山好古と親友であった松山出身の実業家で味生小学校の近くで生まれ育った新田長次郎が90年前、ともに訪問した小学校・松山市立味生小学校の6年生108人が、 一色由利子学年主任ほか4人の先生に引率されて秋山兄弟生誕地で研修しました。

  これに先立ち6月5日、山崎薫理事が同校で出前授業を行い、味生小学校と秋山好古や新田長次郎との関係などを詳しく説明しました。

  好古の騎馬像を見上げていたある男子生徒は、「僕たちは《坂の上の雲》の精神を受け継いで、坂の上の味生小学校になる。」と力強く語りました。


△生誕地で山崎薫理事の案内を聞く味生小学校6年生のみなさん


△味生小学校での山崎薫理事の出前授業

△出前授業の内容
 

6月10日(火) 湯築小学校6年生114人が見学

  松山市立湯築(ゆづき)小学校6年生114人が、3班に分かれて見学していただきました。(写真) 武道場で秋山兄弟のビデをを見たり生家や銅像の説明を聴いたり、今日の熱さにも負けないで、元気よく目を輝かせて研修してくれました。

  子供たちは大変お行儀がよく、武道場の上がり口で脱いだ靴も全員がきちんと揃えており、研修態度もとても立派でした。

 

6月10日(火) 株式会社フジ社長ご一行

 中四国でスーパーやショッピングセンターを大規模に展開する(株)フジ(本部松山市)の尾崎英雄社長(愛媛県出身)が、 花王株式会社顧問神田博至氏ほか関係者の方を秋山兄弟生誕地にご案いただきました。 

 尾崎英雄社長は以前も、関連企業の幹部を誘って見学され、今回で 2 度目のご来訪でした。

 ご一行は、河端久美子研究員のご説明で長時間熱心に見学されました。


写真右から 1 人目が尾崎英雄(株)フジ社長。 2 人目は神田博至(株)花王顧問。
 

6月6日(金) 青年塾第17期生発会式に90人

  大阪に本部をおき全国の青年の育成を目指す「青年塾」(上甲晃塾頭)の第17期生発会式が生誕地の武道場で開催され、そのあと生家や展示資料を見学されました。

  一行は翌日、坊っちゃん劇場で各地から参加した会員の発表会や秋山兄弟と正岡子規に扮した 会員による「坂の上の雲」の劇をおこない、明治時代の青年の志を学びます。


△武道場いっぱいの参加者ー青年塾第17期生発会式


△上甲晃塾頭のあいさつ


△小説「坂の上の雲」と自からの生き様を語る
来賓の中村時広愛媛県知事

△松山市政に取り組む決意を熱く披露した
来賓の野志克仁松山市長

△大勢の会員さんに囲まれた秋山好古騎馬像


△班ごとに分かれて記念撮影。力強く会のあい言葉
「志(こころざし)!」と、一斉に叫びました。

 

6月3日(木) 常盤学舎通信――農園が完成

  (公財)常盤同郷会が東京で経営する愛媛出身の男子学生寮「常盤学舎」の 南側庭に本格的「農園」ができました(写真上)。

  寮生が勉強の合間に作った本格的農園です。トマト、レタス、なすびなどが、 整然と植えられ、青いトマトが早くも実をつけていました(写真下)。早朝に起きて水をやりますが、 「ご苦労さん。」と舎監の増田忠彦さんが寮生を慰労しています。

  日本の食糧自給率は生産額ベースで約68%とのことですが、この農園の出現で どの程度改善されるか、目下学問的に計算中とのことでした。








2014年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
最新ニュース   2013年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved