ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。
小さい画像をクリック すると大きく表示されます。

 

11月20日(日) 学生寮「常盤学舎」で寮祭

 愛媛出身の東京・学生寮「常盤学舎」で20日、寮祭が寮生と寮 OB あわせて50人が参加して開催されました。

 常盤学舎の創設は129年前の明治20年(1887年)12月1日にさかのぼるので、毎年11月下旬の日曜日に「寮祭」を開催しています。


△寮 OB が例年より多く出席。1階ロビーは満員です。


△先輩に寮伝統の「とん汁」を配る寮生


△脚本家を目指す寮生が中心になり3人芝居を上演。画面右上に「寝転がる役」の寮生が見える。


△先輩・弓削孝夫さん(画面左端)が友人のジャズバンドを連れてきて演奏。
「知床旅情」を熱唱する OB もいて会場が湧きました。


△参加者の子供の相手をする寮生。家族的雰囲気の中で寮祭が行われました。
 

11月9日(水) 伊東四朗さんが生誕地で取材

  俳優の伊東四朗さんが、産経新聞の「坂の上の雲」ゆかりの地を訪ねる取材(12月 に掲載)で秋山兄弟生誕地に来られ、1時間半ほど取材されました。伊東さんは2009年から放映されたNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」で秋山兄弟の父親役を演じました。

  伊東さんは、生家の居間で火鉢を前に坐られると「ああ、ロケの家といっしょだ」 と言われ、 好古や眞之役に語った言葉を感慨深く話されました。

 「県庁は当時はどこにあったんですか?」と伊東四朗さん。
 その質問のおかげで、明治7年頃この家から20分ほどの旧三の丸にあった平屋の庁舎 に「お父さん」が勤務し、そこへ好古少年が大阪師範学校入学の方法を行儀正しく聴 きに行った――という事を私たちも一緒に思い出しました。(取材:山崎薫理事)


△ 生家の火鉢の前で「ああ、ロケの家と一緒だ」と、伊東四朗さん


△ 生家北庭の秋山兄弟遺邸之碑の文を読み、最後に昭和12年建立とある のを見て
「私が生 まれた年!  私(満79歳)と同じ一生の碑だ。」と寄り添い、笑われました。


△ 生家の南庭にある兄弟の銅像などを、じっと見つめておられました。

11月10日(木) 小 学 生の訪問を喜ぶ好古

 松山市立道後小学校6年の生徒122名が 10日、 先生の引率で 秋山兄弟生誕地に 来場しました。

 生徒はまず生誕地柔道場に上がり、兄弟の生涯をまとめたビデオを鑑賞した後、隣の復元家屋や兄弟の銅像、 北 庭の産湯の井戸などを見学しました。

 係員からは 「 物静かだった好古、腕白だった真之の子供時代 」 の説明を受け、興味深そうに聞いていました。

 大阪師範学校を出て、名古屋付属小学校の先生をした好古は、元気な子供の訪問を喜んでくれたと思います。 (取材と写真:佐伯健理事)


△武道場で秋山兄弟の人柄について説明を受け、ビデオを鑑賞


△生家前で好古や眞之の子供時代の話を聞く道後小学校6年生の児童


△「よく来てくれたのう」と青年時代に小学校の先生もしていた好古は嬉しそう

11月12日(土)常盤学舎 OB 会の集い(続報)

 愛媛出身の学生のための東京・学生寮「常盤学舎」で青春時代をともに過ごした人たちが10月25日、松山市中島町に集まって旧交を温めました。

 松山市中島町出身の寮 OB も加わって、うまい魚料理を食べながら、夜遅くまで思い出話が尽きませんでした。(舎監:増田忠彦)

11月8日(火) 本年度第3回理事会を開催

 平成28年度中間決算(4月~9月)の事業報告や決算報告等を審議する理事会が8日、午後1時30分から本部地内の武道場で開催されました。

 理事16人中14人と監事1人中1人が出席し熱心に討議が行われた結果、原案が承認されました。 (写真:出席した佐伯健理事)


△平成28年度中間決算報告を審議した理事会=11月8日=本部武道場

11月4日(金) 常盤学舎通信――兵頭君が「インドネシア」について発表

 愛媛出身の学生が東京で勉強するのを支援するための学生寮「常盤学舎」(常盤同郷会経営=東京都東久留米市=創設1888年)では毎月、寮生会のあと寮生が研修発表を行う機会があります。

 今回は兵頭祐星君 ( 大学2年 ) が「インドネシア」について発表しました。兵頭君は第二外国語でインドネシア語を学んでいるので、発表にも熱が入り寮生を魅了しました。


△毎月の寮生会では、寮生の自治的な活動を話し合います


△兵頭祐星君の「インドネシア」についての発表
 
2016年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved