ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。
小さい画像をクリック すると大きく表示されます。

 

7月31日(日) 常盤同郷会柔道部「チーム常盤」が
                   四国小学生大会Bブロックで優勝

  公益財団法人 常盤同郷会は、秋山眞之以来の伝統で柔道部があり、毎週稽古をしています。

  柔道部の小学生6人が県武道館で7月31日、愛媛県柔道協会などが主催する第7回四国小学生柔道大会に出場。 第3会場Bブロックで見事優勝しました。

  試合内容は、①礼法+受け身 ②スピード系 ③パワー系 ④立ち技、寝技。それに親子で一緒に技を競う⑤おんぶダッシュと手押し車など7種目。 判定は、柔道の基本要素を正確で力強く表現できたかで争われ、「チーム常盤」は各技で優秀な成績を挙げ優勝しました。

  喜びに沸く選手を見ながら百田師範は「平素から徹底している基本動作を忠実に実行し、頑張ってくれた結果です」と感激の面持ちでした。


△優勝した常盤同郷会「チーム常盤」(写真左から=福吉優太君(小6)、鈴木悠聖君(小1)、百田律さん(小6)、鈴木大誠君(小3)、百田紀さん(小4)、藤田奈央未さん(小5) )


△優勝の表彰状


△大会ポスター
 

7月20日(水) 台湾高雄市の高校生19名が見学

  台湾高雄市の道明(タオミン)中学・高等学校の生徒19名と先生3名は、 姉妹校である愛光中学・高等学校(松山市)の父兄宅にホームステイをしていますが、 今日は愛光学園のスクールバスで生誕地を見学してくれました。

  まず、生誕地内の武道場で秋山兄弟の紹介ビデオを見た後、 生誕地で作った英語の案内文を見ながら、兄弟の資料や写真を見学しました。

  愛光中学・高等学校教務主任の栗林政貴先生が、生徒に英語で解説をされ、 引率の先生も中国語で捕捉をされていましたので、秋山兄弟のことを理解してもらったと思います。

  台湾ではNHKドラマ「坂の上の雲」が放映され人気を呼び、秋山兄弟もよく知られています。 礼儀正しく目がきらきらと輝く、好印象の生徒さんでした。 (取材:佐伯健理事)


△武道場で秋山兄弟のビデオを見る台湾高雄市 道明(タオミン)中学・高等学校の生徒さん。
愛光中学・高等学校教務主任・栗林政貴教先生(写真:右)が英語で説明されました。


△暑い日でしたが、英語の解説書を見ながら熱心に見学する生徒さん

△元気に全員で記念撮影をし、握手を交わしながら、次の見学地へ出発されました
 

7月8日(金) 常盤学舎だより(その3)ー寮生の講演2人目

 寮生・菊池裕児君( 日大芸術学部、脚本専攻4年) が7月8日、寮生会のとき 「教育実習を終えて」 と題して講演。

  教育課程の単位取得のため、母校・愛媛県東温市・東温高校で3週間の国語の教育実習の体験から、 授業の実際、教員会議の話題、高校生の学習態度など、興味を引く内容を語りました。
  菊池君は将来、脚本家になることも志望しているので、彼が書いたドラマを見たいですね。
(舎監常務理事 増田忠彦)


△ロビーのビデオで「教育実習を終えて」を発表


△関心が高い話題に、立ち見者もー


△「教師という仕事」の説明に、教員志望者もいるので真剣に聴きました。画面右が菊池君
 

7月8日(金)  常盤学舎だより(その2)ー寮生の講演

  常盤学舎では、毎月開催の寮生会のとき、寮生の研究発表を行っています。 これは、130年前に寮を開設して以来の伝統行事です。

  当夜の講演は山下君(美大 4年)と菊池君(芸術学部4年)の2人。 その1、山下君の演題は「線の魅力」というアニメ制作の実際の解説。

 内容が充実していて、アニメファンが多いため、立ち見が出る盛況でした。 (舎監・常務理事 増田忠彦)


△「線の魅力」と題して発表する山下君


△熱のこもった講演に、立ち見席が出るほど関心が高まりました


△講演終了後に盛大な拍手がロビーに響きました
 

7月8日(金) 常盤学舎だより-寮生会(その1)

常盤同郷会が経営する愛媛出身の男子学生寮「常盤学舎」では7月8日夜、寮生会と寮生2人の講演がありました。 その内容を3回に分けてお届けします。
(舎監・常務理事:増田忠彦)


△夜食料理を手伝う寮生。この日は、混ぜご飯・オムレツ・サラダ・手作り水ようかんでした


△役員(野球部監督・仁木君)の報告。早朝野球の順延1試合の日程=7/19に 決まる


△議事:10月のピクニック、日程と訪問先を検討


△お待ちかねの夜食(未成年者は飲酒をさせません)
 

7月5日(火) 常盤学舎だよりー庭木の剪定

  常盤学舎の南庭には、昭和45年に常盤学舎を今の建物に改築して以来の大きな樹木が生い茂っています。 眺めはよいのですが、枝がキャッチボールやバスケットボールの邪魔になります。

  そこで6月19日(日曜日)の午前中、寮生4人に庭木剪定をたのみました。 4人は枝をたくさん切り落としてくれましたが、高いところは専門家に依頼することになりました。 (舎監:増田忠彦常務理事)


△樹木の剪定作業を始めた寮生


△馴れない手つきでパチン、パチン


△この枝の廃棄処理も、東京では大変です
 
2016年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved