ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。
小さい画像をクリック すると大きく表示されます。

 

月25日(日)  常盤学舎だより――東京 OB 会が開催

 (公財)常盤同郷会が経営する東京・学生寮「常盤学舎」で青春を過ごした人たちでつくる「常盤学舎・東京 OB 会」(会長=弓削孝夫)の年次総会が 25 日昼、東京都千代田区・霞が関ビルのレストランで開催されました。

 懐かしいメンバー 20 人が思い出話に興じ、現役寮生 5 人と現在の舎監・増田忠彦(寮 OB )夫妻も出席してにぎやかなパーティになりました。(写真=増田忠彦常盤学舎舎監・常務理事)


△常盤学舎東京 OB 会の記念写真




 

月26日(月) 秋山兄弟生誕地でボランティアガイドの研修会

 秋山兄弟生誕地に来館するお客様に説明をするボランティアガイドの皆さんの研修会が26日、 秋山兄弟武道場で行なわれました。

 事務局スタッフと研究員合わせて16名が参加 。 日頃のお客様対応について 全員が 発表し、改善点を 話し合いま した。

 また今回導入した ADE (電気心臓マッサージ器) の使用 方法を学ぶため、専門家の 説明を受け、模型を使って人工呼吸を体験しました。

 お客様に更にご満足を頂ける施設を目指して努力してまいります。( 写真と文= 佐伯 健 ・常務理事・秋山兄弟生誕地運営委員長 )


△ 秋山兄弟道場での研修会の模様


△ ADE 研修 を専門家を招いて実習


△ 新展示「 秋山好古が師団長をしていた当時の 騎兵旅団司令部の絵図」
( 千葉県習志野市「 習志野騎兵連隊史跡保存会 」 提供 )
 

6月23日(金) 常盤学舎だより   ー男所帯に絶世の美女来る!(その1)

 ロビーに微笑む月下美人。
 近所の高島さんから寄贈していただきました。

 昨年は「1輪挿し」を頂きましたが、今年は愛育20余年の鉢植を 「若者たちの鑑賞に供したい」と寄贈されました。


△6/23 夕、開花間もなし とふくらんだツボミ


△6/24・9:00、微笑み始める


△6/24・10:00、盤面の笑み。直径20CM


△6/25・朝、美人薄命 見る影なく
 

6月23日(金) 常盤学舎だより   ー月下美人 (その2)


△ 6/25夜10:00 この夜は、6輪の花が一斉に微笑みました


△ 年に一度の美人パレードです


△大西寮長です


△美人が去った6/26の朝です。
(写真と記事=その1・2共に常盤学舎舎監・増田忠彦常務理事)
 

月5日(月) 眞之が訪ねた友人・子規の家

「のぼさん、行ってくるぞな」

 明治 30 年6月、眞之はアメリカへ留学を命じられ子規に別れを告げた。
7 月、アメリカから子規に写真を送り、裏に「呈正岡雅兄」と署名。後に毛布も贈った。

 眞之のアメリカ行きを聞いた子規は根岸から高浜虚子に「秋山のアメリカ行きを聞き、自分も渡航決意の夢を見た」と手紙を送り、「君を送りて 思ふことあり蚊帳(かや)に泣く」と病床で詠む。

 しかし、子規は翌明治 31 年2月、「歌よみに与ふる書」を発表。短歌革新の 「のろし」をあげ歌壇に論争を挑む。

  明治 33 年に帰国した眞之は子規を見舞うがその後、「連合艦隊の先任参謀」として大活躍をし日本の危機を救った。


△眞之が訪ねた子規の家と庭(復元)東京都台東区根岸


△子規が寝ていた部屋


△子規が好み会合も開いた自宅近くの豆腐料理屋「笹の雪」( JR 山手線「鶯谷」下車徒歩 2 分)
(写真撮影=重松益見・秋山兄弟生誕地研究員)(文責=宇都宮良治)
 
2017年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年2016年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved