ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。

 

4月29日(日) 好古が赴任した名古屋の小学生御家族来訪

  昭和の日のこの日、愛知教育大学付属名古屋小学校 3 年生の長岡沙織さん(8才)がご両親、弟の駿太郎くん(小1)と一緒に生誕地を訪ねてくれました。お母様がインターネットニュースで、秋山好古が名古屋の付属小に勤めていたことをお知りになったということです。

 大阪師範学校を18才で卒業した秋山好古は、明治9年に名古屋の愛知師範学校付属小学校に3等訓導として採用になり、陸軍士官学校に入学するまでの7ヵ月間、実際に教鞭をとりました。西洋式教育を受けた師範学校出の先生は金の卵と言われた時代で、月給30円の高給取りでした。明治25年に東京大学を中退して新聞日本に就職した正岡子規の給料15円と比較すると、その高給ぶりがわかります。

 教員を目指して17才で故郷松山を出た好古は、3等訓導となり名古屋の小学生と対し張りきって仕事をしていたと思われますが、やがて教頭の和久正辰(松山藩出身の先輩)の勧めもあり、好古はより自分を生かす道を志し軍人への転身を決意することになります。

  長岡さんご一家はこの後、松山城、坂の上の雲ミュージアムを目指して出発されました。成長した沙織さん駿太郎くん姉弟の再訪を楽しみにしています。

 

4月22日(日) 好古さんにイチジクをもらった東雲小の後輩来る

 昭和初期の事、北予中校長として歩行町のこの家に住んでいた好古さんは、当時すぐ隣町に在った東雲尋常小学校の生垣の道を時折散歩していました。ある夏の日、その小学生が、帰り道にある好古さんの家のイチジクを見て「食べていいですか」と尋ねると「オオ、入れ入れ」というので5,6人でぞろぞろと庭に入って食べてたら、「よう来たよう来た!」と好古さんが頭をなでてくれたそうです。

  それから90年後の日曜日、近くの東雲小学校 6 年の友達二人が、昼から誘い合わせて坂の上の雲ミュージアムや萬翠荘を回って、最後に当地へ。二人とも5年の時の遠足で一度来たことがあるそうで、今回はゆっくりと訪ねてくれました。

     〇若葉を吹き始めたイチジクの木のそばで:                   〇昭和12年建立の遺邸碑前で
       左から東雲小6年伊藤幸哉君と 西川碧海君

 
  伊藤君は社会が得意、西川君は「社会は苦手なので」来たとのことです。見学で一番印象に残ったのは、空襲―「秋山両将遺邸碑」にも焼夷弾の傷痕が残る―のため、「松山が一度火の海になった」という事でした。

  この日の来客の中には、孫が「坂の上の雲」の地の松山大学に入った御縁にと、山口県から訪ねて来られたその祖母と母もありました。司馬さんの「花神」も話題になりました。また、出張を機に寄られ、帰りがけに「励まされます。」と言葉をのこされた中年男性や、かつて来島ドックで日夜機関部門で働き終え、引退した今「悔いはない」という熟年男性も、展示中の「三笠」の機関模型(新居浜工業高校生製作)等に見入っておられました。
 

4月3日(火) 春休み、東京から小学生3兄弟

 平成30年度の春、普段は月曜休館日の2日、鹿児島出身のお遍路さんも久万大宝寺からおりて来られました。


 翌3日の朝には、シンガポールからの親しみ深いご夫婦のあと、東京から元気な小学生横島3兄弟が、御両親の運転するキャンピングカーで海道を渡って訪ねてきてくれました。御両親とスタッフの、秋山兄弟に纏わる会話に耳を傾けたり、自分で展示を回って静かに説明を読んでいたりする子供たちの姿が印象的でした。

 帰る前、生誕地にもある松山投句箱に一句入れたのは、(右写真)の左 双子の 守羅 ( しゅら ) 君(弟)。その右が 歩宇 ( あゆう ) 君(兄)と ( 末弟 ) 子龍 ( しりゅう ) 君

 3人は、以前、旧 東郷小学校(現 九段小)に通っていたそうで、新学期小学6年と3年生になるそうです。
          ちなみに彼らの一句は、「花散れば見ていた二人がみつめてる」

 

4月1日(日) 常盤学舎で歓迎バーべキュー会

 新年度、東京の常盤学舎の庭で、新旧寮生23名による歓迎バーべキュー会(丁度前日入寮生の御両親も共に)が、学舎の庭で行われました。今年は、2名が卒業、就職し、新たに3名が、東京農大・立教・早稲田予備校にそれぞれ学ぶために入寮。従って、今年度は、中予の 11高校出身の学生が共に寮生活を過ごし、東京の16の大学(院)・予備校に通っていきます。





 左側、学舎のある東久留米市の近所のおじ様もバーベキューの指導に参加してくださいました。 余興には庭の大樹の「椎の種」を玉にしたパチンコ。3階の的を大きく外れると「ダメ、退寮 ! 」のヤジが飛びました。


2018年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年2016年2017年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved