最新ニュース

ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。

 

3月21日(木・春分の日)秋山眞之 生誕151年祭

 

 1868 年3月20日、秋山淳五郎眞之が産まれてから151年となるこの日、関係者や御近所の方約100人が当常盤同郷会道場に集い、生誕祭が行われました。

 淳(じゅん)さんは、海軍での使命を果たした日露戦後も13年間、日本とアジアの将来や人間について考究し続け、その途次1918年満50歳を前に亡くなりましたが、その一方故郷のためにも、兵学校在学中に在京の同郷有志と図って創設した「松山同郷会」-常盤同郷会の前半身-に意を払い、松山の青少年育英にも貢献しました。

 生誕祭では、ご参加下さった方々ともに、道場に響む琴の音に煎茶を戴きながら、眞之の生涯を偲びました。
                      9 : 30 ~ 10 : 10  式典
                     10 : 10 ~ 14 : 00  茶会・筝曲演奏

  式典では、中村時広愛媛県知事や野志克仁松山市長が真之の人柄を偲ぶメッセージを寄せてくださり、それぞれ愛媛県スポーツ・文化部長、松山市坂の上の雲ミュージアム事務所長が代読して下さいました。

 
 

  つづいて、子規眞之の仲を偲び、松山市立子規記念博物館竹田美喜館長の祝辞
  真之から子規宛てにトルコから届いた賀状の「世界は広くして余程狭く御座候」について、明治 24 年頭のこの賀状の時は、双方にとって大切な変わり目の時で、帝大に進んで間もない子規さんにとっては哲学科から国文学へ変わる決意をした時のこと。その賀状に転機の子規がいかに励まされたかが語られました。

  つづいて、眞之さんのためならばと、友人山下亀三郎翁の孫・山下眞一郎様と洋二郎様兄弟も東京からお見えになり、兄弟支え合うあたたかい祝辞を頂きました。  

 また、秋山眞之の孫 青山芳之様も 東京からおいで下さり、最後に、謝辞と共に、眞之の第 2 子である固(かたし)さんが母の姉の婚家青山家の養子として育った後、実父を知った時のお話も交えてご挨拶を頂きました。
 
 

 献茶後の茶会席にて:伊豫賣茶流天山會お家元岩田天山様と談話を楽しみました。写真左から坂の上の雲ミュージアム松本啓治館長 土居忠博県スポーツ・文化部長(愛媛県知事代理)、松山市坂の上の雲ミュージアム事務所石丸耕一所長(松山市長代理)、そして秋山眞之の孫 青山芳之氏。

 
 

献奏:生田流正派邦楽会 前谷雅貴社中 

 献茶・献奏にて式典終了後も、ひきつづき道場では社中の小中学生4人の筝の音が響きました。その中、式典参加の方や三々五々来訪された御近所歩行町や大街道の方を含め、御昼過ぎまでの間、計 100 人余りの方々が、天山会の方のお点前でゆっくりと煎茶の時を過ごしました。

 

3月6(水)7日(木) 「ふるさと松山学」に3中学校

 

 好古さんも好んで書いた「天地無私」(天地私無し 春また帰る)の季節、2月26日の五明小学校を皮切り に、東雲・双葉・北久米小、余土・北・津田中と続いて 3月8日の雄新中まで、松山市内8つの小中学生が、校外学習兼遠足の一環で、秋山兄弟生誕地を訪ねてきました。

 

 その多くの生徒達の班長が手に持っていたのは、「ふるさと松山 百話」―市内小中学校関係者60余人が 語り継ぎたい郷土の偉人100人について分担調査・執筆し、7年間で7巻発行したものを昨年 1 冊に要約して上梓された本―でした。

 当常盤同郷会―郷土の青少年育英団体として明治21年真之さんたちが創った松山同郷会を継ぐ―としては、その出版のねらいに大いに共感。逐次その本に学びながら生徒たちをお迎えしました。ご案内した小中学校のうち余土中、津田中、北中の生徒による「活用」をお伝えいたします。

 

その1小雨 交じりの3月6日(水)、 余土中学校2年生20の班、総計 120名ほどが、半日かけて来訪しました。市内の高校2校以上・史跡の内5か所以上を各班の計画で訪問するもので、3年時の京都修学旅行・班別自主研修の練習も兼ねていました。

 
 

 そこである班に、ここで育った秋山兄弟と同じ頃に生まれた余土村長さんは…と話しかけると、異口同音に「それは森盲天外」と応えてくれました。どんなことをした人かと問うと、ある班の女子はしばらく考えて
「…どうしたら村が良くなるかと…」
と、秋山兄弟も喜びそうな、恐らく一番根源となる姿勢を、ゆっくりくり答えてくれました。そしてある男子の班は、そのために作った「村是」が国の博覧会で一等となった、その条文を、「ふるさと松山学」を開いて、いくつか一緒に聞かせてくれました。

 そしてその班は、次の目的地、盲天外さんの次のような句碑もある道後温泉に向かって秋山兄弟生誕地から歩いていきました。

「伊予と申す 国あたたかに 出湯湧く」

 

余土中学生が開いてくれた「森盲天外」

津田中生が読んだ「新田長次郎」、次頁「秋山好古」
 

その2:3月7日(木)  津田中学 は、計51人の2年生が班別にやってきました。同校区出身の新田長次郎は、秋山好古の生涯の親友であり、味生小出身者はその事を習った6年の時に生誕地に来た事を班の中で語ってくれました。(参照→ホームページニュース2017年3月)

 「ふるさと松山百話」を読んでみると、長次郎が 20 歳の時大阪に出て苦難に堪えながら製革技術を習得したことが書かれていました。そしてその製革業で儲けたお金から故郷の味生小校舎のために多額の寄附をし、その落成式には、丁度北予中校長1年目の秋山好古と一緒に参加しました。かつて互いに 40 歳程で出会って意気投合し「…我々二人は競争的にやろうじゃないか」と言ったたことの意味があらためて思い出されました。

 

津田中学の女子班-真之(トルコ)から子規(常盤舎)にあてた賀状を読む
 

その3: この日 松山市立北中学 (太山寺町)の2年生、市内ウォークラリーの一環で7つの班(計21人)が、秋山兄弟生誕地を選んでやってきました。

 

「秋山兄弟肖像(語らいの想像図)」を前に―松山中学2年の真之と同じ 12歳の松山北中2年男子
 
 横江昌人画のこの絵の設定は明治13年夏。兄好古が前年陸軍士官学校を卒業、この年21歳で東京鎮台騎兵小隊長となって帰省した時、9歳年下の弟と話す。今の中学生は兄弟の絵を見ながら 「真之は兄さんに憧れているみたい。」「好古はどこか遠くに向かっているみたい」と感想を述べました。
 

北中の女子班-校区内の『和氣濱』(和気浜)が好古の書で刻まれている石碑写真を観る
 
白砂青松の和気浜が、「伊予十二景」の一つに選ばれた折昭和 2 年に、旧和気村青年団が北予中秋山校長に揮毫を依頼しました。
 

3月7日(木) 常盤学舎平成31年送別会

 

 東京での大学生活の4年間、常盤学舎で共に過ごした6名が(1人は院と合わせて6年)、このたび愛でたく卒業して寮を発ちます。それそれ東京や故郷松山での就職が決まり、のこって大学院に進む同輩や後輩15名との送別会「追出しコンパ」がこのほど行われました。鍋を囲んで、6名が挨拶する写真が届きました。

 

成川正洋君(東京農大食糧環境経済学科)は、松山の菓子製造本舗に就職
 
(写真左)清家航太郎君は駒沢大学を卒業し東京の貿易商社に就職。 (右)藤林顕都君は在寮6年、早大大学院を卒業し東京の化学工業メーカーに就職 。
 

兵頭佑星君は拓殖大を卒業し東京の防災機器メーカーに就職、今後ともよろしくお願いいたします!
 

(写真左)林航希君(職業能力開発総合大建築学科)は東京の建設業者に就職。(右)、白鳥雄大君(専修大)は、松山の銀行に就職、帰省の必要からこの送別会には参加できず、写真は1月の餅つき会時のものです。

 同期卒業の有延君(職業能力開発総合大情報電子科)と仁木君(東京農工大)は、大学院に進学し、そのまま在寮します。

 みんな元氣で!

 

2019年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年2016年2017年2018年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved