最新ニュース

ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。

 

7月11日(木) 松山北高3クラス 秋山校長旧宅訪問 Guten Tag!

 

 
7月11日午後、旧北予中学校の地から秋山好古校長の通勤と帰宅のルートを歩いて、愛媛県立松山北高の 1 年生120人が来訪しました。この同校の校外学習「城山回廊探索」は平成17年に2年生全クラスによって始まり、今年で 14回目になります。

“Guten Tag ! (ドイツ語で「こんにちは」) …毎年、色々な出会いがありますが、今年は、二つ目の1年9組が北庭


を見学している時に、偶々ドイツの青年(英語も可)が城山ボランティアガイドの野本さんの案内で来訪。そのホームルームの担任が丁度英語の 濱 松先生で、相互に積極的に対応され、ドイツの青年と松山の高校生が秋山兄弟生誕地で英語で交流体験ができるまたとない機会となりました。聞けば、青年は京都在住、新島襄創立の同志社大学に留学中の Rami さんでした。

 真之像のそばで生徒たちとの会話の間、英語の得意な生徒が頑張って英語で尋ねたり答えたりしていました。

 

後日、そのラミさんから、次のようなメールが秋山兄弟生誕地に届きました。
Guten Tag!
(中略)
Thank you so much again for telling me about Akiyama Saneyuki and Yoshifuru!
It is true, we need international cooperation and ways to learn from each other –
especially in this day and age.
 I'm very happy to have met so many nice people in Matsuyama this weekend!

  __の部分は、
「本当に、国際協力や互いに学びあう手段は、特に今の時代に必要ですね。」 の意と受け止めました。こちらからも京都のラミさんに、“ we need …”への賛意をこの写真と共にお届けし、松山北高のクラスにもお便りの旨、お伝えしました。

 
 

7月7日(日) Bon Joure 仏柔道場御一行

 

 秋山兄弟生誕地に、南フランス ツールーズのトニック道場から17名が来訪、当常盤同郷会柔道部員と交流稽古を行い、その後三々五々生家を見学されました。フランスと秋山好古さんとのあらたなご縁が深まった半日でした。

 
 
 

 実は道場主のジャン ルイ ジメネスズ氏(60 才)とその奥様マリーさん、指導者兼通訳のカドー イヴ氏( 47 )の 3 人は、今回で2回目とのこと。 2年前にフランス全土の柔道指導者40名が日仏親善柔道大会記念に当地の満開の桜の下で撮った写真(2017年 4/12 の当ニュース参照)を、当日歓迎に掲示していたのですが、それを見たマリーさんが、これは私です、主人がこれですと(双方日本語と仏語で身ぶり手ぶり)親しく話して下さったのでわかりました。

このフランス柔道家の2回の訪問は、どちらも愛媛出身の柔道家 鹿屋体育大学の濱田初幸教授の紹介によるもので、今回のフランストニック道場(総勢200名の中から希望と選抜による17名)は、 17日まで約10日間、松山大学柔道部との合同稽古を中心に、市内各地の柔道場を訪ねられます。
 

常盤同郷会道場の指導者や部員生徒たちとの交流稽古
 

 フ ランス柔道登録者は80万人、なぜそんなに盛んなのかという問いには、「忘れられている礼儀を学ぶため」と端的に答えられたそうです。ところがフランスでは、指導者が少ない。柔道発祥地に来て、その指導と環境を見学したい。そのための来日でした。
 

道場の仲間に秋山兄弟について説明する カドーさん(通訳もして下さった)
 

トニック道場の(左から)ネリさん、ロリクさん、ヌマさんと、旧松山同郷会道場創立メンバー真之さん
 

2019年  1月  2月  3月  4月  5月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年2016年2017年2018年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved