最新ニュース

ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。

 

11月8日(日) サイクルロゲイニング大会の高校生チーム

 

 愛媛県内では10月後半から新たな患者0が続いていた中、ガードを固めつつ、そろいのユニフォームで元気に現れたのは、第 6 回『坂の上の雲』のまち松山 サイクルロゲイニング大会参加の、松山北高サイクリング同好会チームでした。

 

参加 44 チーム中、ゼッケン№ 31 番 -3 名の松山北高 A チーム、背中を向けて通過ポイント写真撮影中!
 

 同校のサイクリング同好会は今年できたばかり。このロゲイニング大会に 4 チーム 12 人での初参加でした。
松山北高(長井俊朗校長)は、今年、明治 33 年旧制北予中学創立以来 120 周年を迎え、同好会で制作したそろいのポロシャツの背中のデザインは、「ぶぶし」(同校校訓の「文武心」由来の馬)と秋山好古校長の 120 周年記念特別キャラクターでした。

 

サイクリング同好会のクロスバイク、秋山兄弟生誕地門前のスペースに
 

 まだ耳慣れない「ロゲイニング」は 1970 年代にオーストラリアで 始まり、愛媛では 10 年前からだそうです。山野に設定された多数のポイントを、地図を頼りに巡る点ではオリエンテーションと共通。

  しかし決まったコースでタイムを競うのではなく、ロゲイニングは、難易度別に得点の違うポイントの巡り方を各チームで戦略を立て、できるだけ高得点を競うスポーツでした。その移動手段に自転車を使うのがサイクルロゲイニング。

 松山で第 6 回目の今大会では、 10 時にスタート、 13 時 30 分にゴール(城山公園堀之内広場)するまで、松山城周辺から松山総合公園周辺の通過ポイント(総得点 1400 点)を 44 チーム 113 名が競ったとのことでした。

 
 

 数ある通過ポイントの中から、秋山兄弟生誕地を選んできた北高チームの結果は? サイクリング同好会顧問の忽那定範先生(上写真右端)や、同大会の実行委員長さんに伺ったところ、優勝した大人の会社チームや地域チーム(総得点 1000 点越え)には遥かに及ばず、後日やり直し訓練したそうです。

  彼らの訪問では、当生誕地でよくある偶然か必然か、もうひとつ出会い(再会)がありました。ちょうどその日は、愛媛大学教職大学院の遠藤敏朗先生(↑上写真の左端)が、この秋から月 1 回、当生誕地にボランティアに来て下さっている時で、顧問の忽那先生は、 2 年前に遠藤先生の[教育実践開発コース]に現職教員として学んで(当生誕地も見学)以来、久々の対面でした。北高生 3 人も、先輩でもある先生方の再会に交わることができ、感ずるところがあったと思います。

  同校のユニークなHPを開いてみました。サイクリング同好会は「自転車新文化の推進を目指し、自転車の知識(メンテナンス・法規・マナーなど)をプロから学び、…イベントへの参加などを通して、地域の人々との交流を深め、地域の自然や文化を学習し、地域の魅力を発信していこうと思います。」とありました。

 まさに、当秋山兄弟生誕地にとりましても、今回の北高チームより身を以ての「発信」を頂戴しました。新たな文化や御縁の人々との交流を深める事ができ、ありがとうございました。

  全世界での With コロナの時期、県内でも 11 月中旬以降三たび増加する禍にガードしつつ、押したり控えたり、来年に向けてのパワーを蓄える場となるよう、みんなで向かって参りたいと存じます。
                                                   ( ときわ同郷会生 記 )

 

11月6日(金) 砥部中学校3年生来訪

 

 砥部焼の里伊予郡砥部町から、砥部中学校の 3 年生が、校外学習「松山市巡り」にやってきました。京都や奈良を訪ねる修学旅行中止の代替行事でしたが、みんな元気溌溂!(写真下)

 

 次々に生家に来た 3 つの班(↑撮影の時ばかりはマスクを外して)。展示や生家の復元に寄せた全国の人々の想いに爽やかに耳を傾けました。この記念写真、卒業アルバムにも載るかな?
 

 彼らは 8 時半に学校をバス 6 台で出て、集結地堀之内は、まさに子規さんの ≪ 松山や秋より高き天主閣 ≫ を望む蒼天の下、午前 9 時半、 4 人ずつの班別に徒歩出発。約 6 時間かけて市内 16 の史跡――〇子規堂 〇松山城 〇愛媛大学ミュージアム 〇一草庵  〇湯築城跡 〇道後温泉本館 〇宝厳寺 他――の中から 6 か所を各班で選んで自由に探索する故郷の旅でした。

 どの男子だったか、秋山兄弟の事、「 思ったよりすごい人だった…」と言っていました。

 

  3 年 2 組第 2 班 門田君たちの班(↑写真上)は、二の丸庭園から城山を越えて東雲神社に下り、そして生家にやってきました。

  眞之さんのパワーを受継ぎ、漱石来松の前年落成 - 築 127 年の道後温泉本館へと旅立ちました。

 


2020年  1月  3月 5月  8月 9月 10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved