最新ニュース

ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。

 

9月29日(火) 東雲小学校 生活科の「町探検」に

 

 松山市立東雲小学校の 2 年生が、「生活科」の授業の一環で「町探検」にやってきました。事前に校長先生から頂いた依頼状では、同校の「町探検」は、「東雲の町のいろいろな施設や町の人々の様子を実際に訪問したり、お話を聞いたりして調べます」とのことでした。

 兄弟生誕地のある歩行町(かちまち)は、松山城の東の麓、同校の通学区。2年生 58 人の内 14 人がここを選んで来ました。門を入って兄弟の銅像の間に整列し、代表の児童がしっかり挨拶してくれました。「生活科」の始まりです。

 お迎えした当方「町の施設の人」は、「秋山兄弟生誕地」(人物博物館)を守り運営する公益財団法人・常盤同郷会の、常勤の代表理事。挨拶で、今から90年ほど前、この家に入ってきた同校児童 5 、 6 人が、当時中学校長を務めていた 70 歳前後の秋山好古さんに、庭のイチジクを食べらしてもらった縁(ゆかり)が語られました。
 
 

 その遥か後輩の子供たち14人は、それぞれに生家を見ながら土間を抜け、北庭に回った折、男子の一人が、「この建物は何年くらいたっているのですか」と聞いてきました。そこで、みんな縁側に座ってもらって、お話しました。(上の写真)                                    
  現在の建物は復元で、元の家は、今の地に江戸時代末に建てられてから 100 年を経て、第 2 次世界大戦末の松山空襲で、市内 1 万軒以上と共に焼失。その後 60 年目に復元され、以来16年たっています。

 すると他の児童からも、質問の手が上がり、「なぜ今ものこっているのですか?」と。 
                         ( ― 兄弟の心を伝えようと、戦前修理し、戦後復元に協力した人々の事)
又次は別の児童から、「今までで一番うれしかったことは何ですか?」                  ( ― 来客のお話)
いつもはどんな仕事をしているのですか?            ( ― 朝のお掃除、案内・展示ほか、家を守るための事) 他にも次々と手が上がりました。  ― 何人で働いていますか?   秋山兄弟は何歳まで生きた人ですか?
秋山兄弟の誕生日はいつですか?    などなど。

 最後の質問には、おそらく縁側の後ろの部屋(上の写真)で3月20日に弟眞之が生まれた時、兄好古がちょうど男子児童と同じ年頃だったと、その時の家族のエピソードを伝えました。しかし、後で思えば、彼らにそのせりふを振っていれば、きっと誰かが「…赤ん坊を、お寺へやっちゃいやぞな!」と、言ってくれたことでしょう。

 
 

 最後に整列して、小学 2 年生の代表が感想を言ってくれました。…「ここが守られてきてよかったと思います」と。

  後日、引率の先生が、赤い画用紙に「秋山兄弟生たん地のかたへ…」と、各児童が書いた感想カードや写真をアレンジした礼状まで届けに来てくださいました。

  思えば、 10 時 15 分にやってきてから 45 分間、ちょうど予定の授業時間程の間、なんと積極的な小学生の、秋山兄弟生家訪問(まさに訪ね問う)だったことでしょう!

  あらためて、国により平成元年に新設された「生活科」の意義や、東雲小学校の先生方の狙い通りの周到な準備と、児童たちの意欲が偲ばれ、その事に、地域の側から御協力できたことを光栄に感じました。常盤同郷会一同にとってもここを守っていく励みとなりました。

 

9月20日(日) 岡山の秋山御一家来訪

 
 

 4連休中の子規さん糸瓜忌の翌日に、岡山の秋山兄弟とご両親が、おいでました。上の写真の兄さんは中学 2 年生、弟(父母の間に半分隠れてる)は 5才だそうで、松山の久敬・貞夫妻の間に生まれた秋山兄弟と同じ、9歳違いでした。

  眞之の展示コーナーの「三笠」の蒸気機関と船体の模型のところで、案内員が兄さんに、中学2年だとまだ日本の近代史は習ってないねと、「旗艦」の説明から始めようとしました。すると、お父さんから「息子は『坂の上の雲』を2回読んでるんですよ。」と聞いてびっくり。兄さんにこれは失礼! 以下なごやかに一緒に見た展示の中で、新居浜工業高生が 1 年かけて苦心し、実際に蒸気で動くように完成させた時の感想文は、兄ちゃんが声に出して読んでくれました。
  ―「船底で蒸気機関を整備・運転し、その性能を 100 %発揮させた機関兵は…陰の立役者だと思う」-と。

 

 

 するとお茶目な5歳の弟が、その模型を注意深く見ながら、蒸気機関の棒のところ、これどんなに回るのかなとか、石炭を入れる人とか、全体を見ようとするのです。あらためて案内員も含めみんな関心を誘われました。

小さい時お母さんの貞さんをよく困らせた淳五郎さん(眞之)も、横須賀で勤務していた30才頃、余暇を見つけては造船所を回って注意深く船の構造や造り方を学んでいました。それが後に、全ての乗組員と共に使命を果たす、三笠艦上における作戦に繋がったと言われます。


2020年  1月  3月  5月  8月 9月 10月  11月  12月
最新ニュース 2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved