最新ニュース

ご来館の皆様の中から、ご了解を頂いた方を順次掲載しています。

 

令和3年1月27日(水)  東雲高校生5限目日本史

 

 歩いて3分、松山東雲高校から秋山兄弟生誕地を訪ねて来たのは、 3 年生文系の選択科目で日本史を選んだ 5 人と、担当の野上完治先生でした。

  先生によると、日頃から歴史や郷土に優れて関心を持つ生徒達である由、まさにその通りでした。産湯の井戸の水、淳五郎(眞之)の東雲地区でのエピソード、好古校長先生の出勤前を描いた鉛筆画などの案内に、すずやかに耳を傾けて、打てば響くように小気味よく応えてくれました。

 授業では、すでに日本近現代史を終え、進学の受験を控えた時期でしたが、郷土の偉人として習った兄弟がここで育ったということが、具体的に実感できたそうです。

  5 限目の午後 1 時 40 分の来訪からあっという間に 50 分たち、 6 限目前の休憩時間の間には、帰校しなければなりません。秋山校長が通勤していたころにできた門を通るというので、そこまで、案内人も一緒に参らせていただきました。


          左 東雲中学・高等学校正門への門柱               右 好古校長の通った道
 

 好古校長は、出勤の時は自宅を出て 100 歩ほどで、↑上の写真の場所、現東雲高校(旧松山女学校)の正門前に出ます。昭和 3 年にはその門が出来あがっていくのを見ながら、右側の道を私立北予中学へと歩いて通いました。( 旧北予中まではお年寄りの足で 30 分かかったでしょうか、昭和 5 年に亡くなる半年前まで 6 年間、「毘沙門坂」=現大街道ロープウェイ街と呼ばれるこの道を、歩きました)

 

 「昭和 3 年にこの正門(↑写真上)を建設した校長は誰でしょう?」とスクールアドバイザーでもある先生は生徒たちに投げかけていました。ジレット先生?と答えた生徒もありましたが、正解はホイテ校長先生。

――明治半ばに女学校として四国で最初にできた私立松山女学校(現東雲学園)に、ミッションの第 3 代校長として 1920 年代に着任した米国女性ホイテ校長先生は、移転してきた現校地(松山城東郭跡)の環境に配慮し、「全校舎を城廓型の建築に」と、この正門や校舎を建築したそうです。 
しかも、昭和 20 年 7 月の松山空襲で、城山のまわり1万軒と共に焼失した時も、この正門は遺りました。
( 100 歩離れた歩行町でも、秋山兄弟の生家は燃えても「秋山両将遺邸の碑」だけは遺り、東雲の正門と同じように先人の心を伝えてくれています。)

6 限目の授業に帰っていく先生と生徒たち 

                                                     (ときわ同郷会生記)

 

令和3年1月7日(木) 秋山好古誕生日を祝う

 
令和 3 年、新年を迎えた 7 日、秋山好古が幕末の安政 6 年に生まれて 162 年の年を迎えました。
 

 床の間の好古さんの書は、「人事有憂楽 山光無古今」。…「人の世には憂いや楽しみが有るが、山光は古今を通じて変わらない」 と。
  花はこの日のために草月流の河野美芳さん、廣木鈴芳さんが道場の献花(↓写真3)とともに生けて下さいました。右の棚には、全国から御来訪の方々の芳名帳を捧げています。





年末年始の来訪者の感想ノート(左)と芳名帳(右)

 

 昨年は元旦から 12 月 30 日まで、全国や隣国から 5 千人(一昨年は 1 万 2 千人)の方が来訪されました。隣国からの最後の来客は、 1 月 29 日、北京からの 3 人家族 - 御主人が働くようになった日本に、初めて招いた奥様とそのお母様 - でした。その日は、パンデミック宣言の前日でした。武漢でなく互いに警戒が緩い時で後日は心配しましたが、共通の関心、杜甫の話の花が咲き、無事に絆を結べた良い思い出です。
 

 例年、誕生日近くの日曜日に生誕祭が開かれ、来賓の方々や常盤同郷会関係者、ご近所の方々と共に御餅つきや式典、柔道・合気道の稽古始めを行うのですが、今年はコロナ禍第 3 波の中で延期し、 3 月 20 日の弟真之さん誕生日に、兄弟一緒の生誕祭を企画することに致しております。

 

 そこで、 1 月 7 日当日は、生誕地の常盤同郷会道場に遺影を掲げ↑、献花、献杯し、内内で心を込めてお祝いいたしました。
  そして、居間に新しい展示をしました↓。この絵は、大正 13 年( 1924 )好古さんが帰松してから 1 か月を過ぎた3月(眞之の誕生月)に、故眞之の長男 秋山 大 ( ひろし ) が、父の七回忌法要の後に東京から訪れて、一晩お話した…その朝でしょうか、伯父さんの姿を鉛筆で描いたものです。
 

 絵の題は 『 北豫中學校長先生の御出勤前 』 ( 三月二十四日 午前八時…とその背仲の右上に ) 
そして火鉢の左には、「大正十三年…松山宅に於て 大(ひろし)写す」と、 19 歳の甥は書きました。
伯父さんが大阪に船出したのはその 50 年前の 1 月でした。日露戦争が終わってからも 20 年経っていました。

  この HP を開いてくださった全国の方や、昨年までおいで下さった方、故郷の御近所の方々と共に、生誕を寿ぐことができればと存じます。


 誕生月の間は、道場の入り口を開放して、通り係りの御近所の方々にも、ご案内しました。
ろう梅、椿、金みつまた、オリエンタルユリ、バラ、水仙などの花たちも、日を重ねて咲いていき、凛とした空気のなかでおどろくほど元気に祝いに参加してくれました。
 

  8 日の朝には、神奈川から中村さん親子が来訪しました。翌日に松山の私立中学校受検を控えている由。
戦後創立された同校の初代田中忠夫校長は、私立北予中学講師時代に接した秋山校長の人柄への敬意を、よく生徒たちに語ったそうです。


  山光の庭には、好古さんが好んだ実のなる木、今は夏橙(なつだいだい、夏みかん)が生っています。 その由来のように冬を乗りこえて継ぎゆく、代々(だいだい)のさかえを、共に御祈りできればと存じます。

                     松山市歩行町 2 丁目秋山兄弟生誕地 (公財)常盤同郷会 役員一同 拝

 


2021年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最新ニュース 2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年2021年

当ホームページの記事、画像の無断転載を禁止します。
Copyright© 2010 公益財団法人 常盤同郷会. All rights reserved