(1)松山本部 

    @秋山兄弟生誕地の運営、
    A青少年対象の研修会、
    B武道場での柔道部、合気道部の稽古、
    C「常盤同郷会賞」の授与=中予地区高校生対象
     平成17年1月19日、全国1万人の方の寄付金をもとに、本部地と同じ場所で
    ある「秋山兄弟生誕地」に、秋山兄弟生家の復元、兄弟の銅像設置、武道場
    の修繕、敷地内の整備等が完成し開館しました。以来、全国各地から大勢の
    お客様をお迎えし、ボランティアガイドの皆さんのご説明などで、秋山兄弟を
    身近に感じていただいています。
     それとともに、青少年育英のため、高校生以下の学生さんの研修の場として
    秋山兄弟の生涯と生き様を伝え、また、柔道部や合気道部が武道場で交互に
    稽古を積み、青少年や社会人の身体の練磨に励んでいます。

      年間行事としては、1月7日の秋山好古誕生日には、餅つき大会と武道場
    稽古はじめ、3月20日の眞之誕生会での茶会・琴演奏など多数の行事が
    おこなわれています。
     
      毎年春、愛媛県中予地区=旧松山藩地域=の高校卒業式において、
     学校推薦にもとづき優秀な生徒に「常盤同郷会賞」を授与しています。
     

 (2)東京支部

    @学生寮「常盤学舎」の運営
       明治20年に創設された「常盤会寄宿舎」の伝統を受け継ぎ昭和30年
     5月、東京都東久留米市に土地と木造家屋を購入し「常盤学舎」として愛媛
     県中予地区の学生が東京の大学等に学ぶための寮を復活しました。
     その後昭和45年6月28日、同地に鉄筋コンクリート4階建ての学生寮
     (定員40名)を建設し、現在に至っています。
     常盤学舎についての詳しい説明は「リンク」によってご覧ください。